八ヶ岳恋し

yatu.exblog.jp
ブログトップ
2007年 11月 20日

置いてけボトル

a0041826_19234961.jpg




先月初め、仕事で千葉市に出かけた際のもの。




少し早く終えたので、ずいぶんとしばらくぶりになりましたが、ひょっとしたら綺麗な夕日を撮れるかなと期待しつつ千葉ポートタワーまで。
駐車場に着くや車、車、車。
止める場所が無くて一苦労。
此処ポートタワーでは、少し恥ずかしい思い出がありまして^^;

息子がまだ小学生になる前だったかと思いますが、クリスマスの日に、ポートタワーからの夜景を見せてやろうとやってきたのです。
息子と二人で東京湾の夜景を堪能した後、閉館間近に降りてきて汗。
車のカギがないことに気付きました。
ひょっとしてと思い、車まで帰ってみたら案の定。 キーが刺さったままではありませんか。
もちろんドアはロック状態。
当時は今と違ってキーレスエントリーなどのシステムはなく、ロックはロックノブを押したままドアを閉めるやり方が主流(私の場合)だったものですから、時々こういうポカをやらかしたのです。
よりによって自宅から80キロ近くも離れた場所でポカとは、などと悔やんでみてもすべて後の祭りでした。
仕方なく、妻に連絡をして合い鍵を届けてもらう羽目になってしまいました。
カギが届くまで結構時間もかかり、タワー下の売店は閉まり、明かりも消え、なんと雨まで降り出す始末でした。
音も無く降り注ぐ雨の中、しんと静まりかえったタワーの下で待つこと数時間、届いた合い鍵で無事かえることができたものの息子には辛い思いをさせてしまいました。
そんなことなどを思い出しながらタワー(今年もクリスマスツリーのイルミネーションが始まったようですが)脇の公園をカメラ片手に散策・・・。
整備された砂浜では家族連れや若い2人連れなどで賑わっていました。
着いた時には日がまだまだ高かったので辺りをのんびりと歩き回りながら・・・
気がつけばつり客が糸を垂れている岸壁までやってきました。
つり客とは別のお一人の方が三脚を出していたので、ちょっと声をかけてみましたら、この場所からは天気がいいと富士山を眺めることができるとか。

東京湾を挟んだ向こう側は横浜辺りのビル群か?その上に富士の頂きが見えるのでしょう・・・
残念ながら、この日は空気が澄んでいなくて見ることができませんでした。



余談ですがタイトル=置いてけボトルは、「置いてけぼり」をもじってつけたのですが^^
置いてけぼりか、置いてきぼりかどっちが正しいのか分からずに調べましたら
語源らしき説明がみつかりました。
それによると、江戸に伝わる「本所七不思議」の1つが語源とか。
今の錦糸堀付近に池があり,夕方,釣り人が魚を持って帰ろうとすると,池の中から「置いてけ~,置いてけ~」という声が聞こえる。
驚いた釣り人が魚を置き去りにしたことから,「置いてけぼり」という言葉が出来た。
・・・とありました。   なるほど^^

ところで錦糸堀とは現在のJR錦糸町駅の北口の北斎通りにあった堀のことで錦糸町の由来はこの堀から来ているとのこと。
[PR]

by yatugatakeoyaji | 2007-11-20 22:19


<< まぼろし      何げない出会いに >>